ブログトップ

スパン社

spansha.exblog.jp

「花の王冠展6」ありがとうございました

毎年、年2回春と秋に開催されるハイクオリティな作家陣が参加し集う期間限定ショップ、
「La couronne du fleur6(花の王冠)」へ参加しました。
(毎回後手後手のレポートになってしまってみません・・・)
今回は前々回と同じ会場の原宿の奥、閑静な住宅街にあるギャラリー「SALON VENELLE」でした。
このギャラリーは2部屋あり、手前は少女の明るい部屋、奥は少年の硬質な部屋になっていました。
b0299550_952388.jpg

スパン社は奥の部屋を間借り。入ってすぐ左側の壁面上部を主に使わせて頂きました。
額縁の什器などお借りして、重厚な雰囲気になった気がします。
「星的・菫的ブローチ」や、「髪留め」などが人気でした。
b0299550_9524742.jpg

「一千一秒物語展」で好評だった「タルホ石」、こちらでもご好評頂けました。
b0299550_9533352.jpg

「水星行き兎ブローチ」こちらは甘すぎないクラシックな兎のクロモスと「マーキュリー計画」のアメリカの旧い未使用記念切手を用いて、兎が宇宙の旅先案内をしているイメージです。
兎と切手は紙製なのですが、樹脂でしっかりコーティングしてあるのでかなり丈夫です。
ジャケットや、カーディガン等に少年っぽく付けて頂くのがベストかなと思っていますが、プリーツスカートなどガーリーなカチりとした少女の雰囲気にも合いそうです。
緑と紺のリボンが制服っぽい雰囲気を醸し出しているので制服っぽいコーデの仕上げにどうでしょうか、帽子やカバンに付けても良さそうですね。
パッケージも一枚一枚プリントゴッコで刷った天体図を使いこだわって作っているのでインテリアとしても良さそうかも。
天体図は右から読む日本語表記にしてあり、自分でデータを作りました。
(実は「一千一秒物語展」へ出品した箱作品「月から出た人」の天井部背景へ使用した物と同じ物なのです)
こちらはデザインフェスタ vol.38へも出す予定です。
宇宙と切手が好きなかつての少年少女達へ是非。

b0299550_958282.jpg

「星的・菫的シリーズ」のシンプルで使いやすいデザインのネックレスを作ってみました。
b0299550_9585791.jpg

付けた感じはこんな感じ。
私は金属アレルギーなのでタートルやブラウスの上からつけようと思っています。
シンプルな装いでも気分が明るく変わりそうです。
片耳ずつですが同じ仕様でピアスもあります。こちら2点はプチプライスになっておりますので、お求めやすいかなと・・・。
こちらもデザフェスへ引き続き出品します。
b0299550_100018.jpg

壁面の全体はこんな感じでした。
上段右端に調香のワークショップをされた「Ablaxas.」千代さんの香水、
下段には遊星商會さんの文具達。
b0299550_1002249.jpg

中央の重厚なテーブルにはNEW ATLANTISさんとK Plusoi.さんのアクセサリーがたくさん!
どちらもとても人気でした~!素敵☆
特に「靴下留め」は、今注目されているだけにあっという間に完売していました。
靴下留め・・・私、金属アレルギーで・・・以下略
他にも素敵作家様が参加されていたのですが、撮影力尽きすみません。。。(´ε`;)

初日のみ搬入後しばらく在廊しました。
乙女な空間をすっかり撮り忘れてしまいましたが、本当にキラキラとまばゆい空間でした。
もっとじっくりと堪能したかったのですが、たくさんの乙女なお客様で常に溢れていましたので
私は奥の部屋の隅っこで徹夜明けの頭を休めつつ・・・。

たくさんのご来場とお買い上げありがとうございました。
ファッションを主としたイベントだったのでスパン社は箱作品は出しませんでしたが、
代わりに11/2・3 東京ビッグサイト『Design Festa vol.38』へ出品すべくがんばります。
ブース№はJ-10<星庭>です。
今度は出展前にもう一度更新できるように頑張ります・・・!
[PR]
by spansha | 2013-10-18 11:13 | 展示
<< Design Festa vo... atelier JamorPa... >>